公安調査庁5年計画で増員中、2020年東京五輪でのテロ強化対策。

2020年の東京五輪に向けて、政府が公安調査庁の職員を増やしています。テロ対策で情報収集を強化する名目で、2019年まで5年連続で増員をはかる計画です。日常的な活動が見えにくい組織で、効果を疑問視する声もあります。 閣議決定された2017年度の予算案で、同庁関連の総額は147億円で、2016年度よりも4億円増えました。国内のテロ情報を集める職員を増やすほか、2018年に開催される韓国・平昌…

続きを読む

大阪特殊詐欺年間被害総額50億円突破。

「オレオレ詐欺」「還付金詐欺」など、今年の大阪府内の特殊詐欺の被害額が初めて年間50億円を突破しました。府警は来年、特に力を入れて対策に取り組む「大阪重点犯罪」に加えることにしました。 犯罪抑止戦略本部などによると、府内の特殊詐欺の被害は約50億4千万円で約1600件あります。強盗や窃盗などを含む「財産犯」の年間の現金被害約102億5千万円の約5割を占めます。10月にすでに件数と被害の両方…

続きを読む

自賠責保険料値下げの方向へ。

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険料が、2017年4月から安くなる見通しとなりました。すべての車種の平均で、5~10%程度下げる方向で調整しています。引き下げは2008年度以来9年ぶりとなります。保険金の支払い減少で利益が出ているためで、保険料を下げて加入者に還元する方向です。 近く、損害保険業界内で新たな保険料の案が示され、その後、来年1月の金融庁の自賠責保険審議会で議論し、引き…

続きを読む

相続税課税8%に倍増、基礎控除4割縮小され対象が拡大。

国税庁は相続税が増税されてから申告状況を初めて公表しました。相続税の課税対象となる遺産を残した人の割合は前年から3.6ポイント増え、8.0%に拡大しました。現在の課税方式になってから最も高い割合になりました。 相続税は、遺産が基礎控除と呼ばれる非課税枠を超えた場合、超えた分が課税対象となります。今回の増税は基礎控除が4割縮小され対象となる人が拡大しました。国税庁によると、2015年中に死亡…

続きを読む

英語が正式教科に採用されることに、学習指導要領を答申。

中央教育審議会は、学習指導要領の改訂について審議結果をまとめた答申を文部科学相に出しました。小学5年6年の英語を「外国語活動」から正式な教科にするほか、「歴史総合」「公共」など高校の必修科目を新設します。子どもたりが討論やグループ活動などを通じて能動的に学ぶ「アクティブ・ラーニングの視点」も鮮明にしました。小中学校については今年度中に新指導要領を示し、高校分は2017年度中に公表すると言います。…

続きを読む

ラオスで再生可能エネルギーの開発・日立造船が提携へ。

ごみ焼却炉を活用した発電所などをつくる日立造船が、ラオスで再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)づくりに乗り出します。タイなどで培ったノウハウをもとに、エネルギー政策を支援します。同社とラオスのエネルギー鉱業省が大阪市で環境・グリーンエネルギー分野での協定を結びました。 再生エネルギーの開発が事業として成り立つかどうかなどを、2018年末ごろまでに調べます。開発を進めるうえで必…

続きを読む

富士フィルムが和光純薬を買収、再生医療強化へ分野を問わず舞進。

富士フィルムHDは、武田薬品工業の子会社で研究用試薬を手掛ける和光純薬工業を、約1547億円で買収すると発表しました。再生医療の研究開発に必要な技術を手に入れ、医療分野を強化する狙いです。 和光株約71%を持つ武田とそのグループ会社が、株式公開買い付けに応じます。和光は研究用試薬で国内最大手で、細胞を増殖する際に必要な「培地」で高い技術を持っています。富士フィルムは今後、臓器の再生など、iPS…

続きを読む

USJ、株式上場資金調達、500億円規模の任天堂マリオ投資。

USJはテーマパーク内に任天堂のエリアを作ると正式に発表しました。人気キャラクター「マリオ」などが登場する「SUPER NINTENDO WORLD」として、2020年の東京五輪開催前にオープンさせるようです。 投資額は500億円を超え、2014年に開業した映画「ハリーポッター」のエリアにかけた約450億円を上回ると言います。広さやつくる場所は明らかにしていませんが、2層構造にしてアトラク…

続きを読む

預金引き出し印鑑なしの時代に・りそな傘下の近畿大阪銀行が先行実施。

りそなHD傘下の近畿大阪銀行は、印鑑がなくても窓口で預金を引き出せるようにするサービスを検討しています。手続きを簡単にして顧客の利便性を高める狙いがあります。2019年までに全118店で実施します。関西地銀では初の試みだと言います。印鑑の変わりに指の静脈認証で本人の確認をすることで、時間の短縮につながり他の業務に時間を割くことが出来るとしています。預金の口座開設時などに、住所や名前を書いてもらう…

続きを読む

電池カルテル制裁金・過去には高圧電線、送電線スイッチなど大規模なカルテル。

欧州連合の欧州委員会は、パソコンなどに使われるリチウムイオン電池をめぐるカルテル行為でEU競争法に違反したとして、ソニーとパナソニック、三洋電機の3社に計202億円の制裁金を科したと発表しました。 韓国のサムスンSDIも加わっていましたが、カルテルを通報したため制裁金を免除されました。各社はカルテルへの関与を認めていると言います。 カルテルは、企業・事業者が独占目的で行う、価格・生産計画…

続きを読む

世界最速エレベーター・三菱電機、中国上海で記録。

三菱電機は中国・上海市で造ったエレベーターが世界最速としてギネス世界記録に認定されました。時速73.8キロを記録し、今年から運転を始めています。上海中心ビルはオフィスや会議場やレストランが入る中国一高いビルで、三菱電機が114台のエレベーターを納入しています。今回地下2階から地上119階までの展望台までの565㍍を53秒で移動するエレベーターが世界最速と認定されました。 エレベーターで問題…

続きを読む

ソニー・スマホゲームに本腰、みんなのゴルフを投入へ。

家庭用ゲーム機を作る大手がスマホ向けゲームに本格的に乗り出しています。ソニーは「みんなのゴルフ」や「妖怪ウォッチ」のスマホゲームを来年以降、配信すると発表しました。任天堂も新作を出す予定で、両社とも拡大するスマホゲーム市場の取り込みを図っています。 ソニーが4月に作ったスマホゲーム会社のフォワードワークスが、作品を発表しました。「みんなのゴルフ」を2017年に出すほか、リズムゲーム「パラッ…

続きを読む

NHK子会社元2社員・架空発注詐欺容疑で逮捕。

NHKの子会社「NHKアイテック」の元社員2人がNHKから約2億円を着服したとされる問題で、警視庁は2人を詐欺容疑で逮捕しました。2人は容疑を認めていると言います。実態のないテレビ設備保守会社を設立し、地上デジタル放送の受信施設に関する工事を架空発注する手口で、2014年~2015年ごろまで、アイテックから約1200万円だまし取った疑いがあります。2人は借金の返済や生活費や貯蓄に充てたと供述して…

続きを読む

KDDI・ビッグローブを買収へ、ネット接続事業2位へ浮上。

KDDIは、インターネット接続(プロバイダー)事業で国内4位のビッグローブを買収する方針を固めました。携帯電話と光回線をセットで売る「auひかり」が好調だったが、NTTドコモとソフトバンクも同様の手法で追い上げており、ビッグローブの利用者を取り込む狙いがあります。ビッグローブはNECの子会社でしたが、2014年に投資ファンドの日本産業パートナーズが買収していました。KDDIによる買収額は週百億円…

続きを読む

ゲームアイテム取引所・ドイツに開設世界初、日本では原則禁止。

フランクフルト証券取引所などを傘下に持つドイツ取引所は、オンラインゲームなどの中で使うアイテムを売買する「取引所」を独IT企業と開設すると発表しました。ゲーム内で使う武器や道具を国際的に売買できる取引所として「世界初」と言います。しかし、日本では一般的に禁止されており関係者は当惑気味です。 金融・IT関連の独企業ナガ・グループと合併会社をつくり、アイテムの取引所の運営はナガ社が取り仕切ると…

続きを読む

パナソニック車照明大手と買収交渉。最大1千億円規模の買収額に愕然。

パナソニックが、オーストリアの自動車用照明大手ZKWグループの買収に向けて、交渉していることが分かりました。買収額は最大1千億円規模と見られています。パナソニックは自動車部品を成長事業の一つに位置づけており、車載照明にも事業を広げる考えです。早ければ年内に基本合意に達する見通しです。 ZKWは2016年の売上高の予想が約9億ユーロ(約1100億円)。欧州や中国、インドなどに生産拠点があり、…

続きを読む

資生堂子会社「イプサ」・個人情報42万件流出か。

資生堂は、百貨店で化粧品事業を手掛けている子会社「イプサ」のウェブサイトに不正アクセスがあり、個人情報約42万件が流出した可能性があると発表しました。うち最大5万6千件ではクレジットカード情報も含まれていると言います。 同社によると、流出した可能性があるのは、2011年~2016年までにイプサのサイトでクレジットカードを使って決済した顧客のクレジットカード情報最大5万6121件と、同サイトに登…

続きを読む

二酸化炭素の価格化・カーボンプライシングの導入検討へ。

環境省は閣議後会見で、二酸化炭素(CO2)に値段をつけて排出する企業などに費用を負担させる「カーボンプライシング」の導入に向け、有識者会合を立ち上げ議論を本格化させると発表しました。地球温暖化対策の国際ルール「パリ協定」発効を受け、日本もCO2を削減するための方策を強化する狙いです。 炭素の価格化は、CO2を排出する企業などにコストを負担させ、排出量を減らすほど有利になる手法だと言います。CO…

続きを読む

化粧品の新しい活躍が期待出来そうです。

新たな形の化粧品が出始めています。肌に貼ってシミなどを隠すシートや、保湿成分をTシャツなどの繊維に含ませた「着る化粧品」などで、市場を開拓しようとしています。パナソニックは、開発中の極薄フィルムシート「メイクアップシート」を発表しました。専用の鏡に内臓されたカメラとLED光で肌のシミやシワ、透明感など5項目を測定しました。2分程で肌の色やシミの大きさにあった最大10㌢角のシートが専用インクジェッ…

続きを読む

ブラックベリー・スマホ事業撤退、ハードからソフトへの移行を発表。

スマホの草分け的なメーカー「ブラックベリー」が今秋、スマホをつくるのをやめると発表しました。スマホ時代を開拓しましたが、激しい競争の波にのまれました。著名ブランドの事実上の撤退は、ハイテク業界の栄枯盛衰を象徴しています。「一時代の終わり」と、自社でのスマホ製造撤退を発表すると、欧米メディアは感傷的に伝えました。今後は、人気があるインドネシアなど一部の国で、「ブラックベリーブランド」でのスマホ製造…

続きを読む

パナソニックの新しい保証の期間でLED電球の普及になるか。

パナソニックは12月から自社製のLED電球の長期保証を始ます。購入から5年以内に点灯しなくなる故障があれば、新品と無料で交換すると言うサービスです。基本性能では他社製品と差をつけるのが難しいため、長期保証を新しい付加価値にする狙いです。他社では生活用品大手のアイリスオーヤマが1年保証をしています。5年はパナソニックが国内初と言います。 対象は同社がこれまで販売して全300品目で、12月以前…

続きを読む

ツイートで名誉棄損で30万円の罰金、阪大学生反省必要。

ツイッターにウソを書き込まれ、名誉を傷つけられたとして、大阪大学院教授の男性がつぶやいた男子学生を相手取り、200万円の賠償を求めた訴訟の判決が大阪地裁であり、学生に30万円の支払いを命じました。判決によると、教授は2014年に阪大の授業で「阪神タイガースがリーグ優勝した場合は恩赦」と書いたスライド画像を掲示。学生は写真に撮り、「無条件で単位をくれるらしい」とツイッターに投稿したところ、複数のニ…

続きを読む

燃費不正問題により、特損1661億円。三菱自動車中間赤字2195億円。

三菱自動車が発表した2016年9月中間決算は、純損益が2195億円の赤字となりました。燃費不正問題による特別損失1661億円を前倒しで計上し、中間決算としては過去最大の赤字決算になっています。売上高は前期同期比19%減の8648億円、営業損益は316億円の赤字でした。 燃費不正問題の影響で販売台数は16%減の43万6千台で、軽の生産は持ち直しも見られています。下半期の営業損益は40億円の黒…

続きを読む