ゲームアイテム取引所・ドイツに開設世界初、日本では原則禁止。

フランクフルト証券取引所などを傘下に持つドイツ取引所は、オンラインゲームなどの中で使うアイテムを売買する「取引所」を独IT企業と開設すると発表しました。ゲーム内で使う武器や道具を国際的に売買できる取引所として「世界初」と言います。しかし、日本では一般的に禁止されており関係者は当惑気味です。

金融・IT関連の独企業ナガ・グループと合併会社をつくり、アイテムの取引所の運営はナガ社が取り仕切るとしています。ドイツ取引所は運営などに関する専門知識を提供し、2017年春以降の取引開始を目指しています。アイテムの売買はウェブサイト上で、仮想通貨を使って取引すると言います。仮想通貨は、利用者が現金や自分が持つアイテムと交換することで手に入るモノです。ナガ社は現在の市場規模を約5兆2400億円と推計しており、これまでの取引サイトとの違いを「より安全で透明性の高い点、ドイツ取引所が参加することで、世界に開いた新しい市場をつくる」と強調しています。

この「取引所」は日本のゲーム利用者も活用する出来ます。ただ実際には国内のゲームメーカーのほとんどが、現実のお金でアイテムなどを売買する行為を運営規約で禁止しています。支払いのトラブルだけでなく、お金だけで有利な状況を作ることが出来る不公平感をなくそうとしています。法律で禁止されているわけではなく、国内でも大手のオークションや専門サイト仲介業者のサイトに出品、取引きされています。

ナガ社は、アイテムの売買取引の意義を「ゲーム利用者に自分の技術や努力で得たものの対価を得るチャンスと与える」と説明しています。ただ日本の大手ゲームメーカーは今の運営方針に照らし、すぐに規約を変えるといったことは考えづらいとしています。ゲーム雑誌「ファミ通」は、突然のことで驚いた、注目すべき動きである一方、非常に難しい問題もはらんでいて、簡単にうまく行くとは思えない、としています。

『ファミ通』は、カドカワが発行する日本の家庭用ゲーム雑誌。かつてはアスキー、エンターブレイン、KADOKAWAが発行していました。かつての誌名は「ファミコン通信」。パソコン雑誌『Login(ログイン)』より派生したテレビゲーム専門誌『ファミコン通信』として創刊しました。創刊当初から使われていた略称『ファミ通』を正式名称としました。日本でほぼ唯一のゲーム系週刊誌となっている。最初に掲載されたニュースはファミコンの海外版発行の第一報です。最初に紹介したゲームは、ディスクシステム発売記念RPGとして製作された『ゼルダの伝説』です。

1991年 - 第135号発行。週刊誌化。
1995年 - 正式名称が「ファミ通」となった。
1996年 - 創刊10周年記念号発売。
1998年 - 通巻500号発行。秋葉原駅前広場で記念イベント「ゲームサーカス500 in 秋葉原」を開催。
2000年 - アスキーの分社化により、出版元がエンターブレインとなる。
2004年 - エンターブレインの持株会社メディアリーヴスが角川ホールディングスの傘下に。
2006年 - 創刊20周年記念号発行。5号連続で20周年記念スペシャルを掲載。
2008年 - 通巻1000号発行。
2009年 - 発売日を金曜日から木曜日に変更。
2011年 - iOS・Androidで電子版の提供開始。配信は毎週金曜日で、価格は350円。
2013年 - エンターブレインがKADOKAWAに吸収合併。
2015年 - KADOKAWA・DWANGOがKADOKAWAの旧エンターブレインブランドカンパニーが行っていたゲームメディア関連事業、マーケティングリサーチ事業及びこれらの事業に付随して広告本部が行う広告事業を吸収分割の方法により承継。
2016年 - 創刊30周年記念号発行。

引用元・朝日新聞

この記事へのコメント