一度に使うお金を分散してみると、簡単に節約することが出来るのです。



遊びの中には、お金を使う遊びが多くなりました。
家族で遊ぼうと思えば、某有名関西遊園地では車で来店の場合、駐車場に止めるなら2500円~3000円となっています。普通なら平日に行くこともないのでこれくらいの値段になるでしょう。
入場料は大人7600円、子ども5100円、家族大人2名15200円、子ども2名10200円、家族4名25400円+3000円=28400円になります。
この値段になるとそう簡単には、行きましょうかとはならないので、3万円を使うならどのような使い方があるのか検証してみました。

ある日曜日、パーキング1時間600円で、最大1800円の場所(これでも某遊園地よりもかなり安い)。桜の花見をして屋台の出店で昼食を済ませて合計金額は5千円程になりました。
ある日曜日、ハイキングコースに出かけて駐車場代500円、昼食代家族で4千円、合計4500円。
ある日曜日、昼食ランチに家族4人でバイキングに出かけて、4800円。
ある日曜日、ユニクロやGUで季節の服を買って、4千円前後、誕生日プレゼントを買って4千円、合計8千円ほどの出費で、合計約22300円。

毎週遊んだり買い物したりしても、3万円を使おうと思えばかなり遊ぶことが出来るのです。
お金の使い方はそれぞれだとは思いますが、まずは自分が使っているお金と、使うことの出来るお金を分けることをおススメします。それから使い道を考える時、安く遊べることから始めると、お金を使うことの楽しさも分かってくるでしょう。さらに節約する術もありますし、オニギリを作るだけでもかなりの節約になります。お金を使わないよりも、お金を楽しく使うことを覚えて行きましょう。

この記事へのコメント